2006年03月06日

ワールドセレクトビア

beer_ws.jpg
■宣 伝(英文)
 Natural water of Japan/Quality malts of Canadian & French Barley/Aroma hops of Saaz & Hallertau

■宣 伝(和文)
 日本の天然水と世界の厳選素材が出会って生まれた、芳醇なうまみとしっかりとしたコクのビールです。

■感 想
 2003年秋に流通していた「茜色の芳醇」を彷彿とさせる香ばしさは印象に残った。ただ、個性の強さは登場する場面を選ばせることにもなる。飲む人に意識をさせるということは悪いことではないのだが……。
 何にせよ、コンビニエンスストアにおける限定販売というのはもったいないところ。同様のコンセプトで2005年に販売された「"ボンビエール」は糖類が加えられていた(ので当レビューでは取り上げなかった)が、この製品は麦酒本来の趣旨に立ち返ったようで何よりである。

 ニュースリリースによると『カナダ産とフランス産大麦、チェコ産とドイツ産アロマホップ』にもそれぞれ意味があるようだが、他のビールでもこのような情報開示はできないものなのだろうか。
(2006/03/06)
posted by すいすい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サントリー系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17539010

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。